老化が進む悪い脱毛習慣

359839307b6f4ced3a53cfa06eaea0e3_s

お肌のお手入れ方法を間違えてはいけない

肌の老化の原因ってなんだと思いますか?
年齢を重ねること、それだけではありません。
もし年齢を重ねて同じように老化するならば、同じ年齢なのに老けた顔の人と美魔女と呼ばれるほどの若さをキープした人が現れるなど、疑問が残りますよね。

年齢だけでなく日頃の肌ケアや、紫外線、生活習慣など様々な原因が肌の老化を促進してしまうのです。
お肌は負担のかかることが大の苦手です。
筋肉などは鍛えるほど強く丈夫になりますが、お肌は間違えた鍛え方をすると大変な事になります。

たとえば、誤った脱毛習慣で肌を傷つけたり十分な保湿ケアをせず放置していると、肌のバリア機能が低下してシミや湿疹などの肌トラブルが起きやすくなり、肌が自らを守ろうと厚くなって硬くなり、赤ちゃんのような柔らかく透明感のある肌とはかけ離れてしまうのです。

こんなに怖かった気軽なカミソリ

悪い脱毛習慣の1つに、カミソリによる自己処理があります。
家庭用の簡素なカミソリで、十分なお肌の準備もせずに剃るのは危険です。
理容師がプロのテクニックで施術するのとは根本的な方法が違うからです。

ムダ毛を処理しているつもりが、肌表面の角質層も一緒に削りとってしまい、お肌はボロボロになってしまいます。
そのうえ剃った後のローションやクリームによるコーティングケアを怠れば、いっそう乾燥して老化が進んでしまうでしょう。

こんなに怖かった毛抜きの処理

カミソリだと直ぐに生えてくると毛抜きを併用する方も少なくありません。
これも危険な脱毛習慣です。
毛抜きで抜く瞬間はかなりの痛みを伴い、抜いた後は真っ赤に発疹が出る人もいるのではないでしょうか。

このような刺激を与え続けていると、肌が硬化してしまいます。
酷くなると毛を抜いた部分から細菌が入り込んで毛包炎になったり、膿をもって化膿してしまいます。
肌をボロボロにして老化させるこの悪しき脱毛習慣から卒業してみませんか。

安心の肌ケアと肌に優しい光脱毛

いつまでも若々しくツヤとハリのある柔らかなモチモチ肌って憧れますよね。
お肌を老化さない方法は、肌を痛めつけず優しく労わることが大切です。
肌をいじめれば肌は劣化してしまいます。
だからこそ、肌に優しい光脱毛が一番です。
照射される光はムダ毛の色素にしか反応せず、肌を傷めることがありません。
肌にかかる微かな刺激で細胞内のコラーゲンを活性化させたり、処理の際にエスティシャンが行ってくれる専門的な肌ケアで肌は施術前より美しく蘇っていきます。
肌を虐めて老化を進行させる悪しき脱毛習慣と今すぐおさらばして、肌が喜ぶ脱毛習慣を始めましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ