ブライダル直前!光脱毛ならドレス姿も怖くない♪

9649a38248a3e248b9638792d8d8eb4a_s

花嫁さんは忙しい

背中やデコルテが大きく開いたウェディングドレスや、二の腕を露出するお色直しのドレスなど、キレイに着こなすにはやはりきちんと脱毛を済ませておきたいですね。
肌があまり出ないタイプのドレスでも、お顔の脱毛だけでもしておけば、お肌の透明感がアップして、化粧のりもよくなります。

もっとも、結婚披露宴を控えた花嫁さんは何かと忙しいものです。
仕事もしなければならないし、披露宴の打ち合わせで何度も式場に通ったり、休む暇もありません。
脱毛を始めたかったのに、いつの間にか式が迫っていたなんて焦っている方もいるのではないでしょうか。

スピーディーだからまだ間に合う

気軽に短時間でできる自己処理と異なり、サロン脱毛は通う時間や施術にかかる時間が必要になります。
もっとも、自己処理と異なり仕上がりがキレイで、ムダ毛が生えてくるスピードを抑えてくれるので、時間の許す限りプロの施術を受けるべきです。

この点、光脱毛は1度に広範囲の施術ができるので、時間に余裕がないブライダル直前の花嫁さんでもまだ間に合うかもしれません。

光脱毛は1秒で200本もの広範囲のムダ毛を処理できるのに対し、レーザー脱毛は1秒で10本、ニードル方式にいたっては60秒から90秒でようやく1本の処理しかできません。
スピード重視ならば光脱毛が一番でしょう。

肌に優しいから安心

この点、ニードル方式ではそもそも、ブライダル直前の花嫁さんの施術を受け付けてくれません。
ニードル方式は毛穴の1本1本にハリを刺して電流を流し、毛根を破壊する方式のため、効果が強力で、多くの方に赤みが出たり、腫れることもあるからです。
そのため、肌を露出する機会を目前に控えた花嫁さんには施術ができないのです。

一方、光脱毛は毛のメラニン色素だけに反応する弱い光を照射するので、肌に負担がかからず、金属アレルギーがある方やお肌が弱い方でも比較的安心して受けられます。
ブライダル直前であっても、肌状態が悪化する心配がほとんどないので受けやすいのがメリットです。

お肌に透明感を得てドレスの似合うボディに

光脱毛では、脱毛処理と並行してお肌のケアもすることができます。
サロンによってどのようなケアをするかは異なっていますが、施術前の保護や施術中の美容成分投入、施術後のアフターケアに至るまで肌質の向上も目指してくれます。

中には美肌を目指すだけでなく、お肌の引き締め効果があるジェルを使い、ダイエット効果まで期待できるところもあります。

脱毛をすると毛で覆われていた肌が露出するので、透明感がアップし色白になり、純白のウェディングドレスが似合う肌を手に入れられます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ