自己処理で発生しやすい埋没毛

かみそりや、毛抜き、電気シェーバーなど脱毛を自分で行うと言う人も多いと思います。
脱毛サロンに行けたらと思うこともあるかと思いますが、時間や費用を考えると踏み切れないものかもしれません。
しかし自己処理にはある発生しやすい問題があるのです。
それが埋没毛になります。埋没毛というのは、毛抜きを使った後や剃った後に出やすいものとなります。
毛の処理をした後毛穴やその周囲の皮膚は傷を受けてしまいます。
そしてその傷を治そうとして皮膚はふさがっていき、毛穴まで閉じてしまうのです。
そのため次に生えてくる毛が出てくるところがなく、皮膚の下で埋もれて埋没毛となってしまいます。
埋没毛は見た目でわかるため、ほじってだしてしまいたくなりますが、化膿をしたりとトラブルのもとになりますので

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ