わき毛の処理を光脱毛に変えてつるっとしたわきになろう!

imasia_4408141_S

人からは見えやすく、自分からは見えにくい場所

ムダ毛にも色々あり、人によって悩んでいる箇所は異なっても、女性なら誰でも脇の毛は処理しているのではないでしょうか。
ムダ毛が薄くて少ない方なら、腕や脚のケアを何もしないという方もいるかも知れません。
ですが、わき毛はどうでしょうか?

濃くなくても、生えているのが見えるのはやはり恥ずかしいものですよね。
ノースリーブの服はもちろん、半袖でも何かの拍子に見えてしまいます。
他人の目には案外触れることが多いにも関わらず、本人からは見えにくいという厄介なゾーンだからこそ、きちんとケアしておくのが女性としての嗜みと言えるでしょう。

脇のセルフケアには危険がいっぱい

しかし、脇のセルフケアは皆さんも経験があるかと思いますが、結構大変です。
カミソリや毛抜き、ワックスなどで行う場合が多いですが、脇は自分から見えにくい上、剃る時も抜く時も片手しか使うことが出来ません。
湾曲していて毛の向きもバラバラです。

脇は汗腺が多く、雑菌が繁殖しやすい環境ですし、非常に皮膚が薄くて柔らかい箇所なので、乱暴なセルフケアによって傷がついてしまうと、そこからバイ菌が入り込み、炎症を起こす可能性も高くなります。
色素沈着や埋没毛といったトラブルに発展することも珍しくありませんから、注意しなければなりません。

メリット盛りだくさんの光脱毛とは

そのようなトラブルを回避したいなら、プロの技術に頼るのが一番です。

近年主流となっているのは光脱毛と呼ばれる方法で、毛のメラニンに反応する特別な波長を持つ光を照射することによって、毛根や毛母細胞にダメージを与え、根元から処理するという効果を持っています。

非常に高い効果が期待できる上、一度に広範囲のムダ毛を処理でき、痛みも極めて少なく、肌に優しいといった嬉しいメリットがたくさんあるので、女性から高い注目をあびています。

つるつる脇は1日にしてならず

光脱毛は、毛周期という毛の生え変わるサイクルに合わせて行います。
ムダ毛を何度処理してもすぐに生えてくるのは、この毛周期によるものです。

今見えている毛だけを処理しても、その皮膚の下では次の毛が生える機会をうかがっています。

そこで、次の毛が生えるのを待ってから再び光を当てて処理を行い、これを複数回繰り返すことで、活動している毛根が徐々に減り、触りたくなるほどつるつるとした脇へと変化していきます。
個人差はありますが、2か月に1回のペースで、5~6回通うのが目安です。
この時も、美容と脱毛のプロが一人ひとりに合ったプランを立ててくれるので安心です。

来年の自分が、自信を持って夏のオシャレを楽しめるようにしてあげられるのは、自分しかいないですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ